スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供ができた僕が加入した死亡保険、生命保険のお話 このエントリーを含むはてなブックマーク

sInsurance.jpg

もし自分が死んだり、働けなくなったりしたら?

愛娘がすくすくと日々元気に育って、すっかり育児パパも板についてきたかなぁなんて自分でいったりしている僕です。
あけましておめでとうございます。今年も一年よろしくお願いします。

さて本日は、ちょっと保険のお話。未加入の人も多いと思います。
僕がなぜ保険に加入したのかと、どうしてそれを選んだのかを書いてみようと思いますね。

死亡保険

まず加入を検討したのが死亡保険。文字通り、加入者が死んでしまった場合に残された遺族の生活を保証するというもの。
僕が選んだのは、定期保険の2000万円。オリックス生命のファインセーブというもので月額2000円とかだったと思う。
終身保険を選ばなかった理由は、月々の支払いが高いのと満期まで払い続ける自信もなかったし、なんか縛られている感じがして嫌だったから。
それから月々の生活費を保証してくれる、収入保障保険にも加入しました。
死亡保険はこの2種類です。

医療保険

これは万が一に備えて加入したのですが、まぁ正確にはオリックス生命でファインセーブ加入時にどうせなので入っておこうと思って新CUREに加入しました。

学資保険は未加入です

子供の学資保険加入を一番に考えたのですが、よく考えたら自分が死んだときとか働けなくなったときのための学資保険なので、それだったら自分の死亡保険で十分かと。むしろ、そっちを充実させたほうが残された家族のためかと。今の学資保険は満額もらえないし、もらえる時期も決まっているから微妙。それなら自分で貯蓄しても同じだろうという考えです。

結論

最低限、死亡保険は入っておいたほうがいいと思いました。これは独身だろうと既婚だろうと同じ。500万円とか安いものでも良いので月1000円程度ですし、加入をおすすめします。

COMMENT
COMMENT FORM
  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret: 管理者にだけ表示を許可する
TRACK BACK
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。